コンサルティング

Webコンサルティングとは?

自社サイトに求める価値は、「いかに制作するか」から「いかに運用するか」に変化しましたが、ホームページで重要なことは、デザインや機能性よりも「新規客の集客」であることは不変です。
来店や問い合わせ件数が増えない、売上が上がらないならば、コストをかけてHPを作る必要はありません。
デザインにばかり目がいってしまい、一番大事な目的を達成することを忘れてしまっていませんか?

ホームページの最大の目的=新規客獲得を実現させましょう!

ホームページ売上 =
客数(1アクセス人数 × 2引き合い率 × 3受注率) × 客単価

1は、主にSEOやリスティング広告といった検索エンジン対策です。
2は、ユーザーが1で検索して絞り込んだ3~5サイトを比較して一番安心できるお店かどうかです。

「新規客集客」をするためには、この単純式を有効活用するための「戦略」が必要です。
御社のサイトは「戦略的」ですか?

当社ではウェブでのビジネスモデル構築、ターゲットユーザーの選定などの戦略立案から、SEO、SEMなどの集客手段、転換率アップ、リピーター対策などの運用手段までの様々な場面における課題解決をサポートいたします。

ホームページのことでお悩みですか?

  • 自社ホームページの現状を把握したい!
  • 自社サイトがどのくらい機能しているのか分からない…
  • 競合会社の状況を知りたい!
  • 社内にWeb担当者がいない…
  • 新たな戦略として、ホームページを構築したい!
  • Webサイト・Web広告の反響が少ない…
  • アクセス解析ツールを入れているけれど、見方がよく分からない
  • ホームページを全面リニューアルして、売上を伸ばしたい!
  • 全面でなくても効果的なリニューアルをしてみたい!
  • 自社サイト、楽天、Yahoo! どこに出店したらいいかわからない…
  • ホームページのことで、誰に相談すればいいのかわからない…

といったお悩みをお持ちの方は、ぜひ一度、当社にご相談ください。
御社にとってなにが必要なのかをご提案いたします!

セカンドオピニオンとして活用してください!

当社はセカンドオピニオン(第2の相談相手)としても、ご相談をお受けいたします。

  • 今のWeb制作会社だと少し心配…、
  • 制作は今の会社のままが良いけれど、他社の意見も聞いてみたい…
  • 実績のある会社に相談したい

といったお考えの方は、当社までお気軽にご相談ください。

事前に提供できるメニューは決まっていません。

「コンサルティング」とは、クライアントにとって、本当の意味で「何が必要」で「何が不(必)要」なのか、また、「集客する仕組み」、「売れる仕組み」を一緒に見つけることです。
つまり、『クライアントが困っていることを解決する』ためにコンサルタントは存在します。
よって、最初から決まったメニューにとらわれるのはおかしなことですし、メニューから選んでもらうなどということでは本質的な問題は解決しないと考えます。

すべてのお客様とは、対面でのお打ち合わせをさせていただきます!よろしくお願いいたします!

Webコンサルタント紹介

私が、お客様の想いにお応えします!
  • 氏  名
    斎藤和貴(Saito Kazuki)
  • 生年月日
    1975年(昭和50年)5月2日(※デビッド・ベッカムと同じ生年月日です)
  • 出 身 校
    秋田市立旭川小学校(小学校4年生夏~6年生夏までは、男鹿市立船川南小学校)
    秋田市立秋田東中学校
    秋田県立秋田南高等学校(普通科):第30期吹奏楽部部長
    札幌学院大学 法学部法律学科
  • 部 活 動
    旭川小学校・船川南小学校時代は野球部でした。
    秋田東中学校、秋田南高校在学時は、吹奏楽部に所属してチューバを担当しておりました。
    秋田南高校吹奏楽部では、第30期の部長を務めさせていただきました。(東北大会ダメ金…)
  • 職  歴
    株式会社USEN(エリア営業)1997年4月~1998年6月
    株式会社アキタネット(取締役Webコンサルティングマネージャー)1999年1月~2016年6月
MESSAGE

コンサルティングの仕事において、「経験と実績」に勝るものはありません。
私には、1999年から今日までの業界経験で、300を超えるHP制作実績があります。その間に経験した多くの成功と失敗から導き出される成功の法則があります。

Web解析

ちょっと待って下さい!今回のHPリニューアルは本当に必要ですか?
「Web解析」による「現状把握」が、成功への第一段階です!

「成果の出るWebサイト」5つのポイント

3つの視点で現状把握(3C分析)

ホームページをリニューアルする場合、または日々の更新をする場合に、思いつきや慣習で作業したのでは、高い成果は期待できません。現状分析をしないでのリニューアルでは、その後の効果測定もできません。

まずは、しっかりと現状を分析し、その上でどこを改善するべきなのかを把握、しっかりと戦略を立てて、より成功率の高いリニューアルを行いましょう。

3C分析
自社の視点
Company
自社サイトは、ユーザーにどのように見られているのか?
課題はどこにあるのか?競合より勝るところは?ターゲットは間違っていないか?
競合の視点
Competitor
競合他社は、どのような戦略をとっているのか?
インターネット上の本当の競合はどこか?
顧客(市場)の視点
Customer
顧客のニーズはどのようなものか?お客様が求める価値はどのようなものか?
これから先、市場はどのように変化していくのか?

現状把握プラン

ホームページをどのように改善をすればよいかわからずに困っている方へ
当社のサイト診断によって「なにからすればいいか」を解決します

  • 自社サイトの課題を第三者視点で整理したい
  • 競合他社のサイトと自社サイトを比較検証したい
  • ホームページからの売上を伸ばしたいけれど、何をすればよいかわからない

定期的レポートプラン

ホームページは継続的改善が重要です!
Webサイトの価値を向上させるには、アクセス解析などの手段を用いて、継続的な仮説と検証を繰り返し、ユーザーに有益な質の高いコンテンツを更新していくことが重要です。

毎月レポートをお届けし、サイト運営におけるPDCAサイクルの定着をご支援いたします。