スタッフブログ

マロへ

2018.11.27

昨日の朝6時におふくろから電話がありました。

電話に気付くのが遅れて、かけ直そうとしたのが6:15

届いたLineを見て、とにかく冷静にしなければと自分に言い聞かせました。

実家の愛犬が11/26 AM3:21に亡くなったとのこと。享年15歳。

よく頑張ったね。

ミニチュアダックスの彼が、実家に三男坊(私、弟、その下の弟)としてやってきたのが15年前。

当時、私は会社の会議中だったのですが、親父から電話があり、

これはただ事ではないと、会議を抜けて電話に出たところ、

「弟ができました」 と親父。

「なに考えてるの馬鹿なの?」と私。

「いや、犬を飼うことにしたんだけれど」と親父。

その日から彼は、我家に三男坊として家族となりました。

外面はいいけれど、家ではわがまま。

それでも、おふくろの具合が悪くなると、ぴったり寄り添って守る優しい男。

特に親父とは波長が合ってたな。

番犬にはなれなかったけれど、家族の中心には彼がいた。まちがいなく。

11/23のおばあちゃんの誕生日のときに会ったのが最後になっちゃった。

あの時から3日で、亡くなるなんて考えてもいなかった。

産まれてすぐに、親と離れてさみしかっただろうけれど、

両親は実の親以上に、お前のことを家族として育ててたよ。

みんなから愛されてたよ。これからもな。

いつか、この日が来るとは覚悟していたけれど、

こんなに突然にくるんだね。

んで、こんなに悲しいとは、想像以上だよ。

仕事をしているときは大丈夫だったけれど、

ひとりになると泣けてきて、泣けてきて、たまらない一日だったわ。

ありがとう。

マロと会えてよかった。ずっと兄弟だからな。